112日遅れの開幕戦、最終ラウンドが悪天候で29日に順延、メジャー以外でも史上初

 日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)は28日、レギュラーツアーの今季開幕戦、アース・モンダミン・カップ(千葉・カメリアヒルズCC)の最終ラウンドを悪天候のため29日に順延することを発表した。第1組は29日午前8時にスタートする。JLPGAによると、月曜決着は1997年の国内メジャー・日本女子オープン以来23年ぶり。開幕戦では史上初となる。

 第3日終了時点では、1998年度生まれの黄金世代でツアー未勝利の21歳・田中瑞希が通算11アンダーの単独首位。3打差の2位で“プラチナ世代”の20歳・古江彩佳、昨年11月にプロテストに合格した18歳・西郷真央が追う展開だった。最終日最終組の平均年齢は19.7歳。古江は昨秋アマV後にプロ転向、田中、西郷は昨年11月のプロテストに合格したばかりのためルーキー同士の異例の対決となっていた。

 昨年賞金女王の鈴木愛、渡邉彩香、酒井美紀、黄金世代の臼井麗香が4打差の4位につけていた。大里桃子、菅沼菜々が6アンダーの8位。注目の新人・安田祐香は3アンダー27位としていた。渋野日向子は予選落ちしていた。

 新型コロナウイルスの影響で112日遅れとなった開幕戦。今大会は公式YouTubeの4つのチャンネルでインターネット中継が行われていたが、29日は午前8時から1チャンネルのみで配信する。

 午前9時半頃に順延を知った古江は大会を通じて「えっ、そうなんですか。(発表の)メールを見ていなかったので知りませんでした。ちょうど、YouTubeで昨日の自分のプレーをちょこちょこ見ているところでした。(今後の過ごし方は)全然考えていません。キャディーさんと相談して、明日の戦略などを立てたいと思います」とコメント。早朝の時点では、順延ではなく第1組が午後1時スタートに遅延となっていたため「ホテルでゆっくりしようと思いました。気持ちを入れてもしょうがないので」と対応するつもりだったという。

 西郷も「練習場へ行って調整する予定です。昨日、ラウンド後の練習でちょっとしたズレを修正できた。それを確認したい。今日一日で体力回復できると思うし、いい調整ができると思う。いい方につながればと思います」とコメントした。(THE ANSWER編集部)