大迫2得点で自動降格圏を脱出…会場外で500人以上で歌い踊り、警察も出動

 海外サッカーのドイツ1部ブンデスリーガはリーグ最終節でブレーメンがケルンに6-1で大勝し、自動降格圏から脱出。プレーオフに回ることになった。日本代表FW大迫勇也が2得点1アシストと大活躍した一戦。試合後は歓喜のあまり、サポーターが数百人規模でスタジアム周辺で騒ぎ、警察が出動する事態に。コロナ禍にあって、地元メディアが実際の様子の動画とともに報じ、「コロナの観点からは心配」「誰一人としてソーシャルディスタンスを取っていない」と指摘している。

「密」になって、歓喜に酔いしれた。スタジアム周辺の広場で旗を振りながら、歌い踊り、声を上げるブレーメンサポーター。中には肩を組み、喜びを表現する者も。その数は数十人だけでない。そんな様子を報じたのは、ブレーメン地元紙「クライス・ツァイトゥング」だった。

「ブレーメンサポーター数百人がスタジアム周辺で騒ぐ。責任問題に?」との見出しで伝えた記事では「試合後、ヴェーザーシュタディオンの前は通行不可能に! 警察発表によると500人が、実際はそれ以上いたはずだが、不可能と思われていたプレーオフ出場を決めたことで大騒ぎ」と状況をレポートしている。

 その上で「躍動感あふれる状況だったが、コロナウイルスという観点からは心配だ。誰一人としてソーシャルディスタンスを取っていなかった」と指摘している。

 しかし、警察が出動したことにより、大きな揉め事が起こることなく、収まったという。記事では、警察がスピーカーで「プレーオフ出場、おめでとうございます。しかし、皆さんソーシャルディスタンスを保ってください。お願いします」と“DJポリス”状態で呼びかけたことも伝えている。

 現時点では何等かの責任問題に発展するかは不明というが、新型コロナウイルス感染拡大が懸念される情勢とあって、サポーターの感情表現も一考の余地がありそうだ。(THE ANSWER編集部)