112日遅れの開幕戦、渡邉が復活の通算4勝目

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ最終日が29日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われた。4打差4位で出たツアー通算3勝の渡邉彩香(大東建託)は68の通算11アンダー。首位で並んだ鈴木愛(セールスフォース)とのプレーオフを1ホール目で制した。異例の最終組新人対決となっていたが、近年苦しんできた26歳が大逆転で2015年11月の樋口久子Pontaレディス以来、1702日ぶりの復活優勝を果たした。

 渡邉は4、8、12番でバーディー。15番で1つ落としたが、16、17番の連続バーディーで持ち直した。鈴木とのプレーオフでは、1ホール目にスライスラインのバーディーパットをねじ込んだ。パターを持った左を突き上げながら笑顔を咲かせ、鈴木は拍手を送って称えた。

 プレーオフ終了後、渡邉は「長かったですねぇ……」とポツリ。「ショットが4日間通してよかった。欲が出そうになった時もあったけど、自分のプレーに集中した。ボードも見ないでやった。終わってプレーオフになってから初めて優勝を意識した」と話した。「ここ2、3年は結構苦しかったので……」と話したところで涙。「本当に自分以上にみんなが私のことを信じてくれたので、それが凄く嬉しかった。それに応えられてよかった」と声を震わせた。

 第3日終了時点で11アンダーの単独首位だった21歳・田中瑞希(フリー)は、酒井美紀(国際スポーツ振興協会)と並ぶ10アンダー3位。3打差の2位で出た西郷真央(大東建託)は、原英莉花(日本通運)ら5人と並ぶ9アンダー5位。同じく3打差の2位で出た20歳・古江彩佳(フリー)は6アンダー17位だった。

 21歳・田中は渋野日向子ら1998年度生まれの黄金世代。2000年度生まれで“プラチナ世代”の20歳・古江は、昨秋にアマチュアでツアー優勝後にプロ転向した。田中と18歳・西郷は昨年11月にプロテストに合格。最終日最終組の平均年齢は19.7歳となり、ルーキー同士の異例の優勝争いだったが、26歳の渡邉が見事な復活を遂げた。

 28日は悪天候でこの日に順延となり、1997年の国内メジャー・日本女子オープン以来23年ぶりの月曜決着だった。(THE ANSWER編集部)