プロデビュー戦は28位「3日目まではすごいいいプレーができていたが…」

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ最終日が29日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われた。27位で出た安田祐香(NEC)は4バーディー、4ボギーの72で回って通算3アンダー。プロデビュー戦は28位で終わった。

 前半3、4番の連続バーディーで好スタートを切ったが、10番でボギー。13番でも1つ落とし、14、15番の連続バーディーで取り返したが、16、17番で連続ボギーを叩いた。「3日目まではすごいいいプレーができてたんですけど、なかなか今日はバーディーチャンスにつかなくて3パットもしたので、すごいもったいなかった」と振り返った。

 この日は渋野日向子(サントリー)らと同じ1998年度生まれの黄金世代で、昨年の賞金ランキング6位・河本結(リコー)とラウンドし「収穫というか差を感じた」という。「飛距離とかなんですけど、他にもプレーをつくるのがすごく上手だなと思いました」と語った。

 安定したアイアンショットを武器に17年6月の日本女子アマ選手権で初優勝。国内ツアーは17年から昨年までの3年間で計20試合に出場し、トップ10は4度、予選落ちは1度のみだった。安田は逸材が揃う2000年度生まれの“プラチナ世代”の一人。昨年11月のプロテストに合格した19歳の逸材は、プロデビュー戦で4日間を戦い抜いた。

 今回得た賞金は138万7200円。使い道については「貯めたいなと思います(笑)。この試合出る前に予選通過したら財布を買うって決めてたんですけど……。でもこの結果に満足はしなかったので、(買うかどうか)考えたいなと思います」とコメントした。(THE ANSWER編集部)