復活Vの渡邉彩香、昨夏は“一番の武器”ドライバーを外す決断

 新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れていた女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ最終日が29日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCC(6622ヤード、パー72)で行われた。4打差4位で出たツアー通算3勝の渡邉彩香(大東建託)が、首位で並んだ鈴木愛(セールスフォース)とのプレーオフを1ホール目で制して復活優勝。大逆転で2015年11月の樋口久子Pontaレディス以来、1702日ぶりの優勝を果たすまでには、自身最大の武器を捨てる“ドライバー外し”を決断した苦しい日々があった。

 渡邉が帰ってきた。安定して4日間を戦い抜いた。68の通算11アンダーで4打差を大逆転。最後のバーディーパットは4メートルのスライスラインを読み切り、鈴木とのプレーオフを制した。歓喜の優勝インタビュー。苦しかった時期を問われると、涙を堪えきれなくなった。

「もう勝てないかなと思った時期も正直あったので、今回開幕戦で勝ったのが正直嬉しいです。(ホールアウト直後のインタビューで)ここ数年苦しかったですよねって言われた時に、みんなの顔が浮かんでちょっと泣いてしまいました」

 4年前は日本のトップ戦線にいた。2016年は32試合の出場で開幕から18試合連続で予選通過。ツアー屈指の飛ばし屋として武器に当たり前のように上位に顔を出し、リオ五輪代表にも手が届きそうな位置だった。ドライバーを振り抜けば、ボールは瞬く間に青空に飛んでいく。豪快なスイングを披露すると、見守るギャラリーから「すげー」「かっこいい」と声が上がるのが日常の風景だった。

 しかし、年々成績は下降。毎年30試合以上に出場しながら、賞金ランクは16年12位、17年36位、18年は55位でシード権を喪失した。昨年は8試合連続を含め、予選落ち23度で賞金ランク115位まで低迷。原因は自慢のドライバーショットだった。172センチの長身を生かした力強い姿はなくなった。

「ドライバーを中心にティーショットで不安が大きかった。やっぱり持ち味はドライバーで、そこを思い通りにできなかったのが不調の要因。厳しかった時期はやっぱり去年、一昨年の2年間ですかね。若い選手が出てきたことよりも、自分の一番好きなクラブを気持ちよく打てないという苦しさが大きかったです。『自分からドライバーを取ったら何が残るんだ』と思っていました。リオ五輪に行けなくて、その中でこうしたい、ああしたいとか、自分に足りないことばかり考えていた。そういうのが迷いになってしまった」

 生命線のドライバーショットが荒れ、スコアを崩す。かつての武器が一番の重荷になった。悩みに悩んだ昨夏、ある決断を下した。

 試合で使う14本のクラブからドライバーを外した。

「ドライバーが好きな気持ちは変わらないので、入っているとどうしても打ちたくなる。そこで打って、またマイナスなイメージがつくというのを繰り返した。一回抜いて、ドライバーを休憩させてもう一回やろうというところでした」

気持ちよく振って手にした復活「今週は優勝できなくても凄く楽しかった」

 飛ばし屋が、一番ボールを飛ばせるクラブを使わない。それほど迷っていた。「自分に何が残るんだ」と思うほどの武器を手放す決断。少し時間を置き、悪いイメージから離れた。再びドライバーと戦う選択肢をとって以降は、さらに上体が突っ込む悪癖を修正。インパクトまでその場で回転できるように意識してクラブを振り込んだ。

「もともと(右に曲げる)フェードヒッターなので、フェードボールの徹底をこのオフに取り組んで、どんな場面でも『しっかり左に出して、右に曲げる』というふうに打てるよう、スイングを一から見直した。コースでプレッシャーがかかる場面でも、左に出して右に曲げるフェードボールが打てるということを徹底的に練習してきました」

 スイングの感触が少しでも気持ち悪ければ、コーチに向かって素直に吐きだした。目指したのは、心も体も満足できるスイング。感触について、今大会第2日には「まだ結果に繋がる感じではない」と話していたが、理想を追い求めた。結果的にタイトルがついてきた。

 今大会はラフが深く、曲げてはいけないホールもある。それでも、豪快にドライバーを振り抜く姿が甦った。「今週は凄く気持ちよくドライバーを打てました。それが嬉しかったです」と声を弾ませた。そして、ゴルフに対する思いを問われると、胸を張ってこう言葉を並べた。

「ここ数年、ゴルフが凄く苦しい時期があったので、凄く楽しかったです。自分の好きなドライバーを気持ちよく打って、それがこうやって結果に繋がって……。今週は優勝できなくても凄く楽しかったと思いますが、それに優勝がついてきてくれたので、最高の気持ちです」

 コロナ禍で万全の感染対策の下、開催された特別な開幕戦。苦しみから抜け出した26歳の渡邉にっても、特別な4日間となった。(THE ANSWER編集部・浜田 洋平 / Yohei Hamada)