復活Vの渡邉彩香、グリーン上の1枚に反響「泣ける」「復活待ってました」

 女子ゴルフの開幕戦、アース・モンダミンカップ最終日が29日、無観客試合として千葉・カメリアヒルズCCで行われた。4打差4位で出たツアー通算3勝の渡邉彩香(大東建託)が1702日ぶりの復活優勝。日本女子プロゴルフ協会(JLPGA)はインスタグラムに渡邉の“歓喜の自撮りショット”などを公開すると、ファンから「号泣した」「カッコよかったよ」と反響が集まっている。

 涙の復活優勝に祝福の嵐だ。優勝直後のグリーン上。女王に与えられる赤ジャケットを着た渡邉は左手を伸ばし、嬉しそうな笑みを浮かべながら自撮りしている。右手には美しく輝く優勝盾。苦労が報われた瞬間だ。

 JLPGAは「#渡邉彩香 フォトギャラリーをお届けします」と他にも優勝パットを決めた瞬間や涙を拭うシーンなど10枚の画像を公開。コメント欄には「おめでとう」とファンから祝福の言葉が殺到したほか、「泣ける」「カッコよかったよ」「感動した」「復活待ってました」「スポーツにはドラマがある」「久々に心から感動した」「号泣しました」と反響が集まっている。

 新型コロナウイルスの影響で112日遅れとなった特別な開幕戦。4打差大逆転で2015年11月以来、1702日ぶりの優勝を果たした渡邉の涙と笑顔に感動したファンも多かったようだ。(THE ANSWER編集部)