2月にNPO法人One Rugbyを設立、ラグビーと名の付く競技を一つにまとめる

 コロナ禍が本格化する前の2月28日、日本ラグビー界に新たなうねりを起こそうと産声を上げた団体がある。それが「NPO法人One Rugby」だ。代表理事を務めるのは、元日本代表主将の廣瀬俊朗さん。ラグビーを通じて多様化する社会に対してアクションを起こし、想いを伝えるためにスタートした。

 一言で「ラグビー」と言っても、その種類は様々だ。昨年のワールドカップ2019大会(W杯)で、日本に空前のラグビーブームを巻き起こしたのは「ユニオン」と呼ばれる15人制のラグビー。東京オリンピック・パラリンピックで開催されるセブンズ(7人制ラグビー)や車いすラグビーも、なじみのある人は多いかもしれない。では、この3競技以外にも10人制ラグビー、デフラグビー、ブラインドラグビー、タッチラグビー、タグフットボール、ビーチラグビーなど、ラグビーから派生した競技があることはご存じだろうか。

 これらすべてに共通するのが、「One for all, all for one」の精神で1つのボールを全員でゴールまで運ぶこと。そして、試合終了の笛が鳴れば、敵味方関係なく互いの健闘を称え合う姿勢だ。誰もが自分の持つ個性を生かして活躍できるという競技特性は、すべてのラグビーに備わるものでもある。

 今後、ますますダイバーシティ=多様性が重要視される社会に向けて、広くラグビー全体が提供できるものは多い。1人でも多くの人にラグビーが持つ素晴らしさに触れてもらうためにも、まずはラグビー界で理解と連携を深め、前に進んで行きたい。そんな熱い想いを「One Rugby」は秘めている。

「THE ANSWER」では、「One Rugby」を通じてラグビー界、そして社会が一つになれることを願い、それぞれのラグビーを紹介する連載「One Rugbyの絆」をスタート。初回は「One Rugby」代表理事の廣瀬さんにプロジェクトに込めた想いを聞いた。

 ◇ ◇ ◇

「なんで一緒じゃないんだろう」

 廣瀬さんの心の中には、そんな疑問が長らくあったという。一緒じゃない、というのは、ラグビーと名の付くすべてのスポーツが、だ。

 元々、ラグビーと名の付く競技が数多くあることは知っていたし、2007年にはビーチラグビーの大会に出場。小学校でラグビー教室を開けばタグラグビーもするし、車いすラグビーの三阪洋行さんとは「ラグビーキャラバン」という活動も行っている。個々の力は小さいかもしれないが、1つにまとまったら何か大きなムーブメントを起こせるのでは――。そんな想いを、同じく元日本代表主将の菊谷崇さんも持っていた。そこから他のラグビー仲間に話をすると、実は各所に似た想いを抱く同士がいることが判明。「One Rugby」が設立された。

人と人とを繋ぐラグビーの力「全然知らなかった人たちが集まっているとは…」

「ラグビー」には、人と人とを繋ぐ不思議なパワーがある。廣瀬さんは「ネットワークの強さや絆の強さはすごい」と胸を張るが、「One Rugby」で初めてミーティングを開いた時も「全然知らなかった人たちが集まっているとは思えない感じでした。建設的に話し合いが進められるので、すごく助かっています」という。

 15人制とセブンズの代表として参加する廣瀬さんのほか、車いす、10人制、タグフット、タッチ、ビーチ、ブラインド、デフから代表者が参加。まずは、それぞれのラグビーの社会的認知度を上げるために、横の繋がりを強化することで意見は一致した。広くラグビーの魅力を知ってもらえれば、どのラグビーをプレーしても構わないし、掛け持ちも大歓迎。全員の想いは「とにかくラグビーを盛り上げたい」。なぜそこまでラグビーにハマるのだろうか。

「15人制で言えば、足が速くなくても体が大きかったり、体が小さくても足が速かったり、誰でも活躍できるポジションがあるのが、やっぱりいいなと思います。僕はFWのポジションは絶対にできませんし(笑)。いろいろな専門性のある人、いろいろな国籍の人がチームのために頑張って、いいラグビーができる。中にいる僕らにはとっては当然のことなんですけど、社会と比較してみると、まだまだ分断されている部分も多い中で、ラグビーを通して伝えられること、広められる価値があるように思います」

 その価値に多くの人が触れたのが、昨年のW杯だ。多様性のある選手たちが、試合が終われば敵味方関係なく称え合う。その光景に感動を覚えた人は少なくない。だが、この精神が15人制に限らず全てのラグビーに共通することは、まだあまり知られていない。

 W杯を通じて子どもたちにも認知度が高まったラグビーだが、タックルなど激しいぶつかりあいのイメージが先行しがちだ。だが、タグフットボールやタッチラグビー、ビーチラグビーには激しいコンタクトはなく、子どもから高齢者まで幅広く楽しむことができる。また、女子も十分に個性を生かせるため、男女混合チームも多い。ラグビーに興味を持っても、コンタクトプレーの多さに二の足を踏む人も多い中、「まず、コンタクトのないラグビーから始めてもらえれば」と、廣瀬さんは話す。

「タックルのないラグビーで、みんなでボールを前に運ぶ面白さを知ってもらい、より本格的にやりたいと思ったら、コンタクトのあるラグビーに移ればいい。そのままコンタクトがない方がいいなら、タッチやタグフット、ビーチを続けてもらえれば。コンタクトがないので女子にも垣根が低くなる。どうしてもラグビーは男子のスポーツというイメージが強いので、女子ラグビーの発展にも欠かせない役割を持っていると思います」

ダイバーシティのスポーツ、ラグビーが社会に提供できる価値

 コンタクトのあるラグビーには、生きる個性が違う15人制、7人制、10人制の3種類があり、パラスポーツとしても車いす、デフ、ブラインドがあるなど、あらゆる形の「ラグビーをやってみたい」という想いに応える受け皿が用意されている。横の繋がりを強めながら、この“懐の深さ”を世間に広めるため、まずは互いの大会開催告知などで協力。さらには、新型コロナウイルスによる影響が落ち着いたら、15人制やセブンズの大会で車いすラグビーやビーチラグビーの体験会を開くなど、合同イベントの開催も計画されている。

「掛け合わせのイベントを開催して、知っていただくことも1つだと思っています。あとは、学校や企業の研修の一環として、体験してもらうのも1つの方法ですよね。例えば、健常者が車いすラグビーにチャレンジすると、すごく難しくて『う〜ん』と唸ってしまうんですよ(笑)。固定観念というか、思考にバイアスがかかってしまうので、パラスポーツに挑戦するとそこに気付かされる。ハード面だけではなくて、自分の心というソフト面でも気付きは多いと思います」

 今、注目される「ダイバーシティ」という点において、様々な気付きをもたらすラグビー。その中にある違った個性を持つラグビーが一堂に会する「One Rugby」は、まさに社会の縮図にも似た存在なのかもしれない。

「まずは一つ形になって良かった」と話す廣瀬さんだが、真価が問われるのはここから。「あとはアクションが大事。ラグビーは様々な意味で大きなポテンシャルを持ったスポーツ。すぐに大きなムーブメントになるとは思っていませんが、1つずつ着実に進んでいけたらと思います」と力を込める。

 その第一歩として、次回から「One Rugby」に参加する各種ラグビーを紹介していく。「そのスポーツの魅力みたいなものが、ラグビーの中でさえみんなに伝わっているわけではないので、そのスポーツらしさを、まずは一緒になって広められたらいいなと思いますね」と廣瀬さん。第2回は、10人制ラグビーの井上誠三さんに聞く。(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)