連載「Sports From USA」―NHKエンタープライズなどが制作した密着番組をESPNが放映

「THE ANSWER」がお届けする、在米スポーツジャーナリスト・谷口輝世子氏の連載「Sports From USA」。米国ならではのスポーツ文化を紹介し、日本のスポーツの未来を考える上で新たな視点を探る。今回のテーマは「日本の高校野球ドキュメントをESPNが取り上げた日」。

 ◇ ◇ ◇

 米スポーツ専門局ESPNが、高校球児を描いたドキュメントフィルムを放送した。

 6月30日の放送開始前、日本の高校野球を米国人がどう捉えるのかとちょっと気にはなったが、もしも、負の部分が描かれていたとしても「炎上」しないだろうと考えていた。

 それは私が2012年にリリースされたドミニカ共和国の球児たちを追いかけた、ドキュメント映画「ballplayer」を見た時の経験からだ。

 このフィルムの予告編で、選手の寝食の面倒を見ながら野球を教えるコーチがこんなことを言う。「種をまき、水をやり、全てのことをやる。育ったら、売るのだ」。

 選手が育ったら売る――。多くの国の少年野球の場で、コーチがこのような表現をすることは許されないだろう。

 発言をしたコーチはアカデミーの経営者で、貧しい家庭で育つ球児に寝泊まりするところや食事を無償で提供しながら野球を教えている。慈善事業ではない。指導をした球児たちが16歳になり、メジャーリーグ球団と契約できたならば、その契約金の一定の割合をもらうということになっている。日本や米国とは、育成システムが違う。

 16歳になった直後が契約に有利なため、選手の年齢詐称疑惑が持ち上がり、規則違反を犯してでも何とかして獲得しようというスカウトによる選手争奪戦などがテーマ。ドミニカ共和国の野球とメジャーリーグの暗部も描いている。しかし、投稿された感想欄には、これらの善悪や是非を問うのではなく、文化や状況が分かったという高評価が多かった。(ちなみにballplayerの主人公は、今ではツインズの中軸を打つ16歳当時のミゲル・サノーである)

 日本の高校野球を追いかけたドキュメントは「KOSHIEN:Japan’s Field of Dreams」というタイトルだ。プロダクション会社はNHKエンタープライズとシネリック・クリエイティブ。昨年11月に米ニューヨークのドキュメント・フェスティバルで上映されており、米ESPN局が制作したものではない。

18年の横浜隼人と花巻東に密着、メンバー漏れで涙する球児のシーンも

 冒頭では、大観衆の声援に沸き上がる甲子園の映像とともに、後にメジャーリーガーとなった高校野球のスター選手が映し出された。松井秀喜さん、西武の松坂、エンゼルスの大谷、ヤンキースの田中、カブスのダルビッシュ、マリナーズの菊池ら。彼らを輩出した日本の高校野球への関心をいざなうように始まる。

 そこから続くストーリーは2018年の横浜隼人高と花巻東高の野球部を中心に進んでいく。

 改めて書くまでもないが、2018年は大谷翔平がメジャー移籍した年だ。米国内(米国だけではないだろうが)で、日本の育成情報の需要があると感じられたことも、制作を後押ししたのではないか。だからこそ、花巻東を取り上げたのだと思う。

 どこまでネタバレしていいのかわからないが、私の目に飛び込んできたシーンをいくつかご紹介したい。

 横浜隼人高の選手たちが、声を出しながら、足を揃え、砂煙を上げながら走る。

 丸刈りにし、揃いの練習着を着た選手たち。はきはきとあいさつをし、監督や上級生の話を聞くときには、姿勢を正し、しっかりと話し手を見つめている。きっちりと並べられたシューズが象徴的に映し出される。

 野球部は100人を大幅に超える大所帯。ベンチに入れない選手のほうが圧倒的に多い。しかし、チームが向上し、勝つためには、全員が対話をし、ひとりひとりが役割を果たすことが重要だと、選手たちは教えられている。ベンチ入りメンバーの発表の日、漏れた3年生たちのなかには、涙を拭う者も。

 しかし、慰め励ましあい、試合に出られるメンバーも、そうでない選手も、同じように練習を始める。

 この連載でも何度かご紹介してきたように、米国の高校運動部にはトライアウトがある。野球部もベンチ入りできる人数だけを入部させる。そこから漏れた生徒は2軍へ行くが、2軍もベンチ入りできる人数だけで編成する。全ての州の規則かどうか確信はないが、高校運動部の2軍は下級生の育成という意味合いが強く、競技の公平性のためもあって、最終学年の選手は2軍ではプレーできない。トライアウトに落ちた米国の12年生(日本の高3)には、高校野球部の一員としての青春の日々はない。スタンドで応援することもなければ、一緒に練習する機会もない。

 どちらが正しく、どちらが間違っていると判断することは、私にはできない。たとえ、試合に出られなくても、ひとりひとりに役割があり、チームの一員であることに誇りを持てるように導くのも教育だろうし、試合に出られないのに集団に属する必要はない、別のどこかで居場所を掴むように示すのも教育であるだろう。

番組を見た米国育ちの息子の感想「日本の高校生のほうがもっと…」

 もうひとつのシーンは父子の姿だ。

 前述したように、このフィルムのタイトルは「Japan’s Field of Dreams」だ。「Japan’s」を外せば「Field of Dreams」となり、ケビン・コスナーが主演し、1989年に公開されて大ヒットした映画のタイトルになる。本家の「Field of Dreams」は、現実と幻想が交差する物語で、野球を通じて、ケビン・コスナーが亡くなった父との関係を再生していく話。この映画だけでなく、米国の野球は「父から子へ」を話の芯にしていることが多い。

「Japan’s Field of Dreams」では、横浜隼人高の水谷監督が、高校に進学する息子を、自分が監督するチームではなく、花巻東の佐々木監督の元へと送り出す。親子関係を完全に切り離して、他の部員と全く同じように接するという難しさがあるだろう。大切にしているチームの和に影響が出るかもしれない。それに、日本には「かわいい子には旅をさせろ」ということわざもある。

 一方、米メジャーリーグのアストロズで活躍し、殿堂入りもしているクレイグ・ビジオは、息子たちの高校時代だけ、その高校の野球部のコーチ(監督と同義)を務めた。ビジオは長く現役選手だったこともあり、引退したときには上の息子たちはもう10代になっていた。息子たちの育成に関わる最後の機会と捉えたのかもしれない。その息子のひとりであるキャバンは2019年にブルージェイズからメジャーデビューを果たしている。日本では、緩和されたとはいえ、プロアマ協定による資格回復講習を受けなければ、指導できないなどの制限がある。

 信頼できる他人に託す水谷監督、息子たちの在籍期間だけ野球部の監督を引き受けたビジオ。これも日米の違いを示すもののように感じられた。

 時に厳しい口調で指導しているが、野球への情熱と、選手ひとりひとりに愛情を持って接する水谷監督。その水谷監督を通じて、フィルムは伝統的な日本の労働観、家族関係を見せる。そして、水谷監督と師弟関係にあり、より若い、花巻東の佐々木監督へと登場人物が変わる。新しいものも取り入れ、選手の髪型も自由にするという佐々木監督の試みと水谷監督がやや対比的に描かれている。

 毎年、問題になる投球過多や熱中症の問題にはそれほど焦点が当てられていない。

 私事で恐縮だが、一緒に見ていた高校生の2人の息子は米国育ちだが、同年代の野球部員の気持ちの揺れは、共感できる部分があったようだ。違いとしては「日本の高校生のほうがもっとひとつのことに打ち込んでいる」という感想を漏らしていた。

 インターネットを見た限りでは、長文の感想を書き込んでいる人はいないようだったが、よいフィルムだったという好意的な感想が多いように見受けた。

 米国、日本、中米、カナダ、豪州、欧州、アフリカなど。それぞれの文化と教育理念の影響を受けて、選手は育成されている。それでも、メジャーリーグにやってくれば、チームメートになり、優勝目指してプレーをする。こういったドキュメントによって、育成観の違いの距離を知りながら、勝利を目指してともに戦う姿も見ることも、私にとってはメジャーリーグやNPB観戦のおもしろみだ。このドキュメントを見た米国人も、そのような楽しみ方をしてくれる人がいれば、うれしい。(谷口 輝世子 / Kiyoko Taniguchi)

谷口 輝世子
 デイリースポーツ紙で日本のプロ野球を担当。98年から米国に拠点を移しメジャーリーグを担当。2001年からフリーランスのスポーツライターに。現地に住んでいるからこそ見えてくる米国のプロスポーツ、学生スポーツ、子どものスポーツ事情を深く取材。著書『帝国化するメジャーリーグ』(明石書店)『子どもがひとりで遊べない国、アメリカ』(生活書院)。分担執筆『21世紀スポーツ大事典』(大修館書店)分担執筆『運動部活動の理論と実践』(大修館書店)。