2016年にイチローが放ったMLB通算3000安打の瞬間に米メディア再注目

 米大リーグ・マリナーズなどで活躍したイチロー氏が、メジャー通算3000安打を記録してから7日(日本時間8日)で4年が経過した。当時マーリンズに所属していたレジェンドが、記録を達成した三塁打の実際の動画を米メディアが公開。同僚から祝福を受ける姿に、現地ファンからは「真のヒットキング!」「最もクールな瞬間」などと反響が寄せられている。

 偉業は色あせない。2016年8月に行われたロッキーズ戦の7回、イチローが内角の球を引っ張った。打球は今季から巨人に加入している右翼手パーラがジャンプした頭上を越え、フェンスに直撃。ボールが転々とする間に、背番号51は快足を飛ばして悠々と三塁に到達した。

 史上30人目のメジャー通算3000安打。ベース上でクールにふるまっていたイチローのもとへ、ベンチから同僚が拍手をしながら近づいてきた。イチローを慕うゴードンの抱擁に続き、次々と祝福を浴びせる仲間と言葉を交わし、ようやく笑顔に。最後はヘルメットを取って球場の歓声に応えた。

 米放送局「FOXスポーツMLB」公式ツイッターは、「4年前の今日、イチローが通算3000安打目となる三塁打を放った」とつづり、実際の動画を公開。日米通算4367本のヒットを放ったレジェンドの記念すべき日に注目していた。

 米ファンからは「イチローは最近どうしているんだ?」「最初からMLBでプレーしていたら、ローズの記録を簡単に抜いただろうな」「私のレジェンド」「イチローは史上最も偉大な打者だ」「真のヒットキング!」「現地にいました。私が目撃してきたスポーツの中で、最もクールな瞬間でした」「もう4年前? 時が経つのは早いな」などとコメントが寄せられていた。(THE ANSWER編集部)