ゴルフ界の新星に米注目「モリカワは静かに自分の仕事に徹した」

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーのメジャー・全米プロゴルフ選手権は9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州サンフランシスコのTPCハーディング・パーク(7234ヤード、パー70)で最終日が行われた。日系4世ゴルファー、コリン・モリカワ(米国)が1イーグル、4バーディー、ノーボギーの64をマーク。通算13アンダーでメジャー初制覇を果たした。米メディアでは「何て衝撃的、何たるスターダムへの急上昇」と称賛している。

 294ヤードの16番パー4。モリカワのドライバーから放たれたボールは、グリーンに着弾。そのまま一直線にカップへ向かい、手前2メートルにピタリ。パー4にしては距離の短いホールだが、見事に1オンに成功。優勝を決定づける、圧巻のイーグルだった。

 大混戦の中で2位に2打差をつけて優勝したモリカワを特集したのは米地元紙「ニューヨーク・ポスト」だった。「23歳のコリン・モリカワがPGA選手権を衝撃の優勝」と題して脚光を浴びせている。

「ブルックス・ケプカ、ブライソン・デシャンボー、ダスティン・ジョンソン、トニー・フィナウのようなビーストとは対照的に、華奢な23歳のコリン・モリカワは大会を通して静かに自分の仕事に徹した。コツコツとコースを分析し、ミスも極めて少なかった」

日本にルーツを持つ23歳が大躍進

 記事では多くの優勝候補が並ぶ中でダークホースだったモリカワの安定したプレーを評価。そして、2019年にプロ転向したばかりの新星の躍進ぶりに注目している。

 1年前までカリフォルニア大バークレー校に通う大学生だったモリカワ。「今やメジャー優勝者。PGAツアー3勝目で、うち2つは6月以降のもの。何て衝撃的、そして、何たるスターダムへの急上昇」と絶賛している。

 2019年10月のZOZOチャンピオンシップで来日時には「日本にもルーツを持つ者としてここでプレーすることは、本当に特別なこと」と笑顔で語っていたモリカワ。最新の世界ランクでは12位から米国人では3番目となる5位まで浮上。新進気鋭の日系人ゴルファーが男子ツアーの主役候補に名乗りを上げた。(THE ANSWER編集部)