6バーディーを奪取、14番ではジャストタッチの絶妙パット決める

 米男子プロゴルフ(PGA)ツアーの海外メジャー・全米オープン第3日が19日(日本時間20日)、米ニューヨーク州のウイングドフットGCで行われ、4打差7位から出た松山英樹(LEXUS)は6バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの70で回り、通算イーブンで4位に浮上した。14番では5メートルの距離を絶妙なタッチで沈めたバーディーパットを、PGAツアーが動画付きで公開している。

 ボールが止まらない高速グリーンで、松山のパットが冴え渡った。14番グリーン。手前からの約5メートル。慎重にパターを構えた松山が打ち出したボールは、わずかにスライスするラインに乗った。3メートル、2メートル、1メートル……。そして最後に一転がり。見事にカップに沈めた。

 ジャストタッチで奪ったこの日6つ目のバーディー。3アンダーとし、首位に肉薄する絶妙なパットに現地実況も「14番ホール、マツヤマにとってはバーディーへ良い位置です。来ました! マツヤマがまたバーディーです」と興奮を伝えた。

 15番でボギー、17番ではダブルボギーをたたきイーブンパーまで後退したが、首位に5打差で最終日を迎えた。悲願のメジャー制覇の可能性を残している。(THE ANSWER編集部)