問題児ネリ、1階級上のスーパーバンタム級で前日計量クリア

 ボクシングの前WBC世界バンタム級王者ルイス・ネリは25日(日本時間26日)、WBC世界スーパーバンタム級6位アーロン・アラメダ(ともにメキシコ)との同級王座決定戦(米コネチカット州)の前日計量に臨み、リミット55.3キロを0.5ポンド(約0.23キロ)下回る55.11キロでパスした。前日計量は3戦ぶりに一発クリア。アラメダも55.11キロでパスした。

 試合を放送する米スポーツチャンネル「ショータイム」は、公式ツイッターにて計量の様子の画像付きで「両選手ともWBC世界スーパーバンタム級の試合で121.5ポンド(55.11キロ)だった」と投稿している。また複数の海外メディアが速報している。

 ネリはWBC世界バンタム級王者だった2018年3月、山中慎介との再戦でリミット53.5キロを大幅に上回る2.3キロの体重超過。再計量でもパスできず、王座剥奪となった。資格停止期間を経て再起すると3連勝。しかし、昨年7月のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦でも1度目の計量を約230グラムオーバーでクリアできず、1時間後の再計量でパス。試合は9回KO勝ちでデビューから30連勝(24KO)としていた。

 さらに同11月の前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)とのWBC世界バンタム級挑戦者決定戦でも、1度目の計量で約450グラムの体重超過。試合開催へ金銭面の交渉に出たが、相手陣営に拒否されて試合中止となっていた。

 今回はバンタム級より1.8キロ重い1階級上のスーパーバンタム級で3戦ぶりの一発クリア。ドーピング違反などで騒がせてきたが、勝てば山中戦以来2年7か月ぶりの世界王座返り咲きとなる。(THE ANSWER編集部)