俳優ビョルンソンが26日に誕生日、英BBCの祝福投稿に反響「夜道で会いたくない」

 元バスケットボール選手で「世界最強の男」コンテスト優勝経験を持つ俳優のハフソー・ビョルンソン(アイスランド)が26日に32歳の誕生日を迎えた。英メディアは今年5月にパワーリフティングのデッドリフト世界記録501キロを達成したメモリアルの瞬間を公開し、祝福。「夜道で彼に会いたくない」「持ち上げているけど、曲がりそう」などと衝撃が再び走っている。

 世界に衝撃が走った。今年5月、舞台はアイルランド。大きな重りがついたバーベルの前に立ったビョルンソン。206センチ、205キロの巨体は黒のTシャツ、短パンから丸太のような足と腕がのぞき、顔との比率がおかしく映る。そして、バーベルの前に立ち、腰をかがめるとゆっくりと持ち上げる。表情は苦悶。体は小刻みに震える。しかし、2秒キープしてみせた。会場が熱狂する中、記録したのはなんと501キロだった。

 従来の記録を1キロ上回る世界新記録だ。当時、大きな話題を呼んだシーン。人気テレビドラマシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」に出演していることでも知られる俳優は26日に32歳の誕生日を迎え、英公共放送「BBCスポーツ」公式インスタグラムは「ハフソー・ビョルンソン、別名『ザ・マウンテン』よ、誕生日おめでとう。デッドリフトの世界記録保持者だ(501キロ)」とつづり、動画付きで紹介した。

 コメント欄には「夜道で彼に会いたくない」「彼は来年、KO勝ちする」「ホールとの試合が楽しみだ」「持ち上げているけど、曲がりそう」などの声が続々。来年9月に「世界最強の男」コンテストのライバルでデッドリフトの前世界記録保持者エディー・ホールとボクシングで対戦することが報じられており、32歳の1年もその怪力で注目を浴びそうだ。(THE ANSWER編集部)