バックスクリーンを越える一撃は、年間トップクラスの驚愕弾

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越え2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”を、米メディアは両リーグで生まれた本塁打と比較。「5番目に大きな本塁打だった」と驚きをもって伝えている。

 快音が鳴り響いた。大谷は2-1と1点リードの5回無死二塁、右腕クラウスが高めに投じた直球を捉えた。打球は快音を残してセンターへ。球場が歓声に包まれる中、高々と舞い上がったボールは、なんとバックスクリーンを越えていった。140メートルを超える特大2ラン。スイング直後に本塁打を確信していた様子の大谷は、悠々とダイヤモンドを1周した。

“今季1号”が規格外の一発。米スポーツ専門局「CBSスポーツ」は「エンゼルスの二刀流スターのショウヘイ・オオタニがオープン戦で飛距離468フィートの本塁打を放った」と記事を掲載。「エンゼルスが報告した468フィートという飛距離の数字が正しいと仮定すると、これは2020年にMLBで生まれた本塁打と比べて、5番目に大きな本塁打だった」と伝えた。

 米データサイト「ベースボール・リファレンス」によれば、昨季生まれた両リーグの本塁打は実に2304本。オープン戦での一撃とはいえ、その中でも“5傑”に入る稀有な特大弾だという。

 大谷は、2月27日にはブルペンで100マイル(約160キロ)以上の球を投げたとの報道もあっただけに、“二刀流”での活躍へ向け「エンゼルスファンにとって、この上ないニュース」と期待し、「健康で生産的なオオタニはパズルの大きなピースになる」と重要な戦力になると予想している。(THE ANSWER編集部)