こんにちは。ARUHIマガジン地域レポーターのチヒロです。浅草育ちの街歩きエッセイストとして、下町エリアを中心に「知られざる街の魅力」を発信しています。

今回は入谷にある、黄色い看板に「デン」という力強いロゴが目を引く老舗喫茶店を紹介します。

「デン」外観

昭和45年創業、入谷の街で老若男女に愛される「デン」は、土・日曜は行列ができるほどの人気店。テレビドラマやバラエティ番組など、メディアにも取り上げられ、近年では若いお客さんも増えています。そんな「デン」で、名物メニューのひみつを教えてもらいました。

「たまり場」という店名の由来

「『デン』って、『吹きだまり』という意味があるんですよ。みんなが集まる『たまり場』という意味合いでつけました。それと、この店を作ったのも『デン設計事務所』という名前だったんです」と話す、初代マスターの息子さん。

「デン」店内

味わい深い内装は、初代マスターと設計事務所の方の好みを反映させたものだそう。飴色の木の壁は、いまから同じように作るのは難しいとのこと。建築に関わる知人からは「内装にお金かけたね(笑)」と言われるほど、創業当時のこだわりがつまっています。

皿はないけどパンはある。名物メニュー「グラパン」が生まれたきっかけ

「デン」の名物メニューをひとつ挙げるとすれば「グラパン」。

「デン」の名物メニュー「グラパン」

30〜40年前に生まれた「グラパン」は、パン1斤の真ん中にシチューを入れてまるごとオーブンで焼き上げたメニュー。
「皿がないなら、パンをくりぬいてソースと一緒に焼いちゃえばいいと思ったんです」

パンの真ん中にシチューがたっぷり!

もともとは、アルバイトに来ていた親戚のまかないだったとのこと。「グラタンが食べたいけれど、オーブンで使える耐熱皿がうちにはないな…」という経緯から誕生しました。

そんなふうにして生まれた「グラパン」で、特におすすめなのが「牛スジシチューのデミグラスグラパン」(税込み980円)。国産の牛肉がごろごろ入った贅沢な一品です。この価格で食べられるのはかなりお得!

「牛スジシチューのデミグラスグラパン」(税込み980円)

リーズナブルな価格で提供できる理由は、仲間のツテで肉屋さんから仕入れているおかげ。「『自分ひとりの力じゃないぞ』というのをいつも感じています」と息子さんは話します。

ほかには、数量限定の自家製プリンも人気。材料には安定剤など使わずに、砂糖・牛乳・生クリーム・卵・バニラエッセンスのみ。シンプルな材料からはこだわりが感じられます。

老若男女から愛され続けている理由

「お客さんは正直で。作るのが簡単なメニューよりも、手間がかかるメニューの方が人気ですね(笑)。なので、手も抜けないし、気も抜けない」

カウンター席の様子

「グラパン」の肝となるシチューの作り方からコーヒーのいれ方まで、試行錯誤しながら喜ばれるメニューを作り続けています。

「常においしく作ろうという意識はありますね。その意識があってこそ、『変わらないね』っていう評価をもらえるので」

テイクアウト用の小窓に掲げられた「COFFEE&SOFTCREAM」の文字

メニューにこだわり続けながら、アットホームな雰囲気でお客さんと接する「デン」のスタッフたち。その姿から、老若男女から愛される理由を見つけました。

珈琲の店 デン
住所:東京都台東区根岸3-3-18 メゾン根岸 1階
電話:03-3875-3009
営業時間:9:00〜19:00(L.O18:00)
定休日:木曜

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

入谷の地域レポーター記事はこちら
【入谷】キラキラ御朱印にSNS連動お守りも。話題の「小野照崎神社」へ 
【入谷】街づくりにカルチャーで挑み続ける「SOOO dramatic!」 
【入谷】ランチもバーも庭も。いろいろ楽しい古民家ゲストハウス「toco.」