こんにちは。ARUHIマガジン地域レポーターの「えみ」です。

住んでいる街に、お気に入りのお菓子屋さんがあると毎日がちょっと楽しくなりますよね。今回はJR中央線「武蔵小金井」駅から歩いて10分ほどの場所にひっそりとたたずむ隠れ家のようなチョコレート屋さん「CHOCOFUNNY(チョコファニー)」へ行ってみました。

住宅街で本格派のチョコレート屋さんを発見!

「CHOCOFUNNY(チョコファニー)」は、店主の髙橋理砂子さんがひとりで営む小さなチョコレート屋さん。オーガニック・無添加の素材にこだわり、一つひとつ丁寧に手作りした板チョコレートを中心に販売しています。

「CHOCOFUNNY(チョコファニー)」外観

髙橋さんは海外在住中、オーガニックの食材に興味を持ったそうです。その後、外資系企業での就業経験を経て、洋菓子界の第一線で活躍するパティシエ・辻口シェフのお店で経営を学び、2012年に同店をオープンさせました。

一度食べたら忘れられない、個性豊かな板チョコレート

この店では「ほかにはないめずらしいチョコレート」をコンセプトに、個性豊かな板チョコレートを販売しています。

どれにするか迷ってしまうほど、めずらしい種類の板チョコレートがいっぱい

フェアトレードで仕入れた5種類のチョコレートを商品によって使い分けていて、子どもから大人まで楽しめる味わいです。

常時13種類ほどある板チョコレートの中でも特に人気なのは、京都の「ぶぶあられ」と職人が作った旨塩をミルクチョコレートとあわせた「ぶぶ塩(税込み400円)」。カラフルな見た目がかわいらしいです。塩の量も0.1グラムから微調整するなど、こだわっています。

無添加いちご×ホワイトチョコの「いちごみるく(税込み390円)」

ほかにも、手作りの粉山椒と能登半島珠洲産地塩、そしてミルクチョコをあわせた「塩山椒」や生姜とパチパチキャンディーの食感が面白い「GINGER ALE」、無添加いちごとホワイトチョコをあわせた「いちごみるく」(いずれも税込み390円)など、個性的な味わいが楽しめる商品ばかり。

どのように斬新な組み合わせの板チョコレートを生み出しているかというと、店主さんがもともとチョコレート好きだったこともあり、自分が食べてみたい組み合わせで試してみているんだそうです。試行錯誤のうえに生まれたチョコレートだからこそ、幅広い年齢のファンが絶えません。

ラッピングにもこだわりが

板チョコレートは、かわいらしいボックスに入れて贈ることも可能です。

板チョコレート以外のスイーツも

また、板チョコレート以外にも、チョコレートのテリーヌやシュークリームなども人気。毎日のおやつとして、食卓を彩ってくれます。

大切な人への贈り物にぴったりな、オーダーメイドのチョコレート

贈られた人の笑顔が思い浮かぶオーダーメイドチョコレート

さらに、記念日などの贈り物にぴったりなオーダーメイドのチョコレート(3,000円から)も販売。メッセージやデザインを自由にカスタマイズできるので、贈る相手への名前などを入れれば特別な一品になります。
大切な人への贈り物を選ぶとき、ちょっと贅沢感のあるおやつを食べたいときはぜひ「CHOCOFUNNY(チョコファニー)」に足を運んでみてはいかがでしょうか。

CHOCOFUNNY(チョコファニー)
住所:東京都小金井市本町5-31-5
電話:042-403-0604
営業時間:水〜土曜11:00〜16:00
定休日:日〜火曜
店舗HP:http://chocofunny.com/
Facebook:@chocofunny.12 

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

武蔵小金井の地域レポーター記事はこちら
【武蔵小金井】市街地に残る心やすらぐ庭園「滄浪泉園」でリフレッシュ 
【武蔵小金井】2年連続金賞のカレーパンを堪能!地域密着型ベーカリー「クラウン」 
【武蔵小金井】40年愛されるカレー専門店「プーさん」の絶品インド風カレー