国土交通省より、新たな地域名表示による、17地域の地方版図柄入りナンバープレート(ご当地ナンバープレート)の交付開始が、5月11日と発表されました。今回は、4月13日から始まる事前申請受付に向けて、ご当地ナンバープレートが誕生した背景とともに、新たなデザインや申請手順などをご紹介します。

ご当地ナンバープレートとは?

地域の風景や観光資源の図柄を取り入れてデザインされた「ご当地ナンバープレート」。”走る広告塔”として地域の魅力を発信することを目的に、2018年10月、41地域(下図)で交付がスタートしました。観光名所だけでなく、その土地ならではの名産品や、ご当地キャラクターを図柄に取り入れ、地域の振興に大きく貢献しています。

出典: 国土交通省 自動車交通局

ご当地ナンバープレートは、ナンバープレートの交付手数料に1,000円以上の寄付をすることで、フルカラーのものを選択できます。この寄付金は、導入地域における交通改善や、観光振興などに資する取り組みに充てられることになっています。なお、寄付を支払わない場合、ナンバープレートのイラストはモノクロになります。また、自動車の区分を明確化するために、事業用の登録自動車には緑色の縁取り、自家用の軽自動車には黄色の縁取りが施され、使用終了後は記念に保存することができます(不正使用防止のための穴開け処理が施されます)。

出典: 国土交通省 自動車交通局

 

2020年5月から、新たに17地域で交付が開始。

2020年5月から、現在の41地域に加えて、以下の17地域でご当地ナンバープレートが追加導入されます。

出典: 国土交通省 自動車交通局

知床(北海道)、伊勢志摩(三重県)などに見られる景勝地や名産品デザインをはじめ、神話や民俗伝承に根ざしたヤマタノオロチ(出雲・島根県)や、朱雀(飛鳥・奈良県)を描いたもの、地域が誇る英傑である上杉謙信(上越・新潟県)をモチーフにしたものなど、特徴的なデザインも見受けられ、交付前から注目を集めています。

出典: 国土交通省 自動車交通局

交付開始日、事前申し込み開始日、申し込み方法

この17地域におけるご当地ナンバープレートの交付開始日や、事前申し込み開始日は以下の通りです。

●交付開始日:2020年5月11日(月)
●事前申し込み開始日:2020年4月13日(月)
●料金:4月上旬公表予定
●申し込み方法:WEB申し込み(http://www.graphic-number.jp)または、お近くのディーラー・整備工場等にお問い合わせください。

導入地域においては、交付開始日以降、新車・中古車の購入時はもちろん、現在乗っている自動車の車検時など、いつでもご当地ナンバープレートへの変更ができます。導入地域の方は、ぜひご当地ナンバープレートへの付け替えを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

“走る広告塔”として地域のPRに繋がるご当地ナンバープレートは、これからも広がりを見せていくことが予測されます。今後どの地域が申請を行うのか、あなたがお住いの地域にご当地ナンバープレートが導入されるのか、とても楽しみですね。

ニュース提供元: 国土交通省