こんにちは、ARUHIマガジン地域レポーターの山田ひさこです。

地元・赤羽っ子なら誰もが知っているお菓子屋さん「お菓子の種屋」。すでにメディアでも取上げられる人気スポットですが、改めて「お菓子の種屋」の魅力を紹介します。

街の一角に現れる、懐かしさいっぱいのお菓子屋さん

赤羽といえば飲み屋街が有名ですが、これまでの記事ではそのほかの赤羽の魅力を紹介してきました。今回新たに注目したいのは、そこかしこに残っているどこか懐かしい昭和レトロな街並みとお店です。

赤羽一番街商店街を入って赤羽小学校裏手に入る路地に向かって右に曲がると、「赤羽中央街」の看板が! この看板をくぐってまっすぐ進みます。昭和レトロな街並みも楽しめますよ

特に赤羽一番街商店街にもつながっている「赤羽中央街商店街」は、昔の姿そのままに現在も営業を行っている商店が立ち並ぶ、初めて訪れたのに「どこか懐かしい」印象を与えてくれる商店街です。そんな懐かしさ溢れる街の一角に特別な存在感を持って現れるのが「お菓子の種屋」です!

赤羽中央街出口辺りの看板そばにある「お菓子の種屋」(画像提供:お菓子の種屋)

「お菓子の種屋」は、戦前に創業。当時、お店周辺には田んぼが多く、主に種や苗の販売をするお店であったため屋号が「種屋」となりました。その後、時代の変化に伴い、戦後の昭和には当たり前のように存在した街のお菓子を扱うタバコ屋さんになっていきました。現在では、主に各地のお菓子や懐かしい駄菓子が取り揃えられ、長く街の人々に愛されるお店となりました。

子どもから大人まで“ワクワクさせる”お菓子のお家

各地より取り寄せられたお菓子や懐かしい駄菓子などが、店内に美しくディスプレイされています。新しく出合う物めずらしいお菓子や子どもの頃に慣れ親しんだお菓子たちが溢れる光景は、まるでお菓子の家。たびたび「お菓子の種屋」で見かけるお父さんに連れられてやって来る子どもたちさながら、わざわざここを訪れる大人たちも胸をワクワクさせられます!

さまざまなジャンルのお菓子で溢れる店内。その時々の季節のお菓子の品揃えも豊富です。取材時はひな祭りにちなんで「雛あられ・ひな鬼おこし」などが「お雛様」と並べられていました(画像提供:お菓子の種屋)

「お菓子の種屋」には、親子連れのほかにも、日常の買い物をする地元の人、お小遣いを握り締めた子どもたちなど、実に幅広い客層が訪れます。

私も子どもの頃に大好きだった駄菓子や新しく出合う駄菓子を選びながら、楽しい時間を過ごしています。そして懐かしいといえば駄菓子ばかりではなく、子どもの頃に親しんだグッズに出合えることもあります。

皆さんはどんな懐かしいモノ、そして新しいモノと出合えるでしょうか?

駄菓子定番の串モノ。差入に容器ごと大人買いされる人もいるとか(画像提供:お菓子の種屋)

左:運が良ければ出合える、特に昭和女子が熱狂のリリアン! 右:童心に戻れるシャボン玉(画像提供:お菓子の種屋)

大人から子どもへ引き継ぎたい遊び

JR赤羽駅からも地下鉄赤羽岩渕駅からもアクセスの良い「お菓子の種屋」。赤羽散策のルートにも取り入れやすく「お菓子の種屋」のお菓子はお土産にもぴったりです!

そして実際にお店に訪れると、懐かしさは店内のみならず、昭和の駄菓子屋では定番のゲーム機や人気が再燃しているカプセルトイが並んでいます。

多くのタレントさんも熱中したゲーム機と種類豊富なカプセルトイ(画像提供:お菓子の種屋)

子どもたちと幼い頃を懐かしむ大人たちが、同じゲームに興じる様子は、どこか微笑ましく感じます。この子どもたちもいつか「お菓子の種屋」を懐かしく感じるときがやって来るのでしょう。そんな懐かしい場所として、いつまでも赤羽の街に残っていってほしいお菓子屋さんです。

誰の心にもきっとあるノスタルジーを感じに、皆さんも是非「お菓子の種屋」を訪れてみてはいかがでしょうか。

入り口のテーブルでは子どもたちが駄菓子のミニ・ラーメンにお湯を入れてもらい出来上がりを待つ楽しげな姿も

お菓子の種屋(赤羽中央街)
住所:東京都北区赤羽1-29-10
アクセス:JR「赤羽」駅徒歩5分、東京メトロ南北線「赤羽岩淵」駅徒歩3分
電話:03-3901-0240
営業時間:8:00〜21:00
定休日:無休(元日のみ休み)
Twitter:@09040705sheasa

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

赤羽の地域レポーター記事はこちら
【赤羽】スパゲッティーグラタンが美味! イタリアン「ビエニビエニ」 
【赤羽】こだわりの新鮮アジ料理をお楽しみあれ! 鯵専門店「鯵家」 
【赤羽】最新ランチレポ! 大人の隠れ家「トリカゴ」のランチビュッフェ 
【赤羽】荒川土手の穴場お花見スポット。桜の名所「荒川赤羽桜堤緑地」 
【赤羽】豆大福にみたらし団子に桜餅… 愛される街の和菓子屋「伊勢屋」