こんにちは、ARUHIマガジン地域レポーターのぽんたまんです。

今回は、木場にあるちょっと不思議な老舗店を紹介します。

「江戸深川珈琲本舗」の外観

「江戸深川珈琲本舗」は、コーヒー好きはもちろん、レトロな喫茶店が好きな人におすすめしたいスポットです。門前仲町駅から徒歩8分、木場駅からは徒歩9分。パッと見た限りでは入口がわからないほど、アンティークな雑貨や植物がたくさん置かれています。外観からレトロな雰囲気が伝わってきますね。

「江戸深川珈琲本舗」の店内

店内はヨーロピアンテイストで、昔ながらの懐かしい喫茶店のような雰囲気が感じられます。壁には至るところに名を馳せたジャズの名匠のポスターが飾られています。店内に流れるジャズの音楽とマッチして、とても居心地良い空間です。

日本刀とアンティークインテリア

そして目に付くのが、日本刀の数々。店員さん曰く、「オーナーの趣味なんです」とのこと。数にして100本を超えているとか。日本刀とジャズ、そしてアンティークなインテリア。不思議な組み合わせなのに、意外としっくりきて落ち着くのはなぜでしょうか。

こだわりのコーヒーは80種類以上

「江戸深川珈琲本舗」では、店内でコーヒーを楽しめるだけではなく、コーヒー豆を購入することも可能です。豆の種類は80種類以上。「コーヒー博士」の異名を持つオーナーが世界64ヶ国から取り寄せています。

80種類以上あるというコーヒー豆がズラリ

正直、コーヒーの種類が多すぎると、どれが自分の好みなのか選ぶのが難しいですよね。そんなときは店員さんに相談してみてください。「酸味が強くて、ちょっとフルーティーなコーヒーが好きです」と伝えたところ、エチオピアの「モカ」というコーヒー豆をおすすめされました。コーヒー好きのわたしはもちろん購入。80種類以上の中から好みに合ったコーヒーに出合えるのはすごくうれしいですよね。

店員さんによると、「お客さまへの感謝として、水曜と土・日曜、祝日、5日・10日・15日・20日・25日・30日はコーヒー豆を30%オフにしています」とのこと。30%オフになる日が多い! そしてここまでコーヒー豆を安くできるなんてすごいですね。豆を購入するならば、安くなるタイミングを狙っていくのがおすすめです。

実は、「江戸深川珈琲本舗」は、木場でも有名なスポット。多くの有名人が訪れ、テレビの取材なども多いようです。日本刀のそばにはたくさんの色紙が飾られていました。

本格コーヒーと自家製コーヒーゼリーは絶品!

本格コーヒー

さて、店内でコーヒーとデザートをいただいてみましょう。コーヒーはオリジナルブレンドを注文しました。酸味が少し強めですが、すっきりとして飲みやすいです。朝の起きぬけに飲みたくなります。

自家製「ダッチコーヒーゼリー」

デザートとして注文したのは、自家製の「ダッチコーヒーゼリー」。ゼリーからはコーヒーの強い香りがして、まるでアイスコーヒーをそのまま食べているかのような感覚です。コーヒー好きならはずせない一品。ガムシロップと混ぜて食べるとまたおいしいですよ。

「江戸深川珈琲本舗」は、アンティークな空間に日本刀が飾られた不思議な喫茶店。さらにコーヒー豆の種類も豊富で、訪れると好みのコーヒーにきっと出合えるはずです。ほかでは味わえない魅力と落ち着いた雰囲気に、思わず通い詰めたくなっちゃいますよ。

江戸深川珈琲本舗
住所:東京都江東区冬木6-18 ウサミマンション1階
アクセス:東京メトロ東西線・都営大江戸線「門前仲町駅」徒歩8分、東京メトロ東西線「木場駅」徒歩9分
営業時間:8:00〜19:00

※記事に掲載した内容は取材日時点の情報です。変更される場合がありますので、お出かけの際はホームページなどで最新情報の確認をお願いします

「ARUHIマガジン地域レポーター」とは?
家探しの参考になる街の情報を「そこに住む人」の目線で発信する、ARUHIマガジンのオフィシャルブロガー・ライター。地元で愛されるグルメや注目のお店をはじめ、とっておきの穴場や子連れお出かけスポットなど、知って得する情報を発信中!

木場の地域レポーター記事はこちら
【木場】夏は巨大じゃぶじゃぶ池も。江戸情緒あふれる「木場親水公園」 
【木場】東京ドーム5個分!広大な敷地と美しい景色が魅力の「木場公園」 
【木場】その名からもご利益がありそう! 大丸ゆかりの「繁栄稲荷神社」