タカタ製エアバッグ巡る米の集団訴訟、日産が和解合意

 タカタ製の欠陥エアバッグをめぐる米国での集団訴訟で、日産自動車は8日、計約9770万ドル(約108億円)を支払って和解することで原告側と合意した。米メディアが一斉に報じた。未改修の日産車を所有する人に働きかけを強めるのに使うほか、リコールにあたって所有者が負担したレンタカー代などの損失を補償するという。

 トヨタとマツダ、スバル、独BMWの4社は5月、計5億5300万ドル(約610億円)を支払うことで和解していた。いずれのメーカーも自らの過失や責任は認めていない。ホンダと米フォード・モーターは和解に至っていない。

 タカタはリコール費用がかさんで6月末に民事再生法の適用を申請。費用の大半は自動車メーカーが肩代わりしている。(ニューヨーク=江渕崇)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索