食料自給率38%、過去2番目の低さ 台風被害など響く

 農林水産省は9日、2016年度の食料自給率(カロリーベース)が38%だったと発表した。前年度まで6年連続で39%だったが、北海道の台風被害による小麦の生産減などが響いた。政府は消費者の好みに合ったコメや小麦の生産を増やすことなどで、2025年度までに45%に高める目標を掲げるが、達成は厳しい状況だ。

 自給率は、国内で消費される食料のうち、家畜のえさも含めて国産でまかなえている割合で、コメが大不作だった93年度の37%に次ぐ過去2番目の低さだった。台風被害などで、小麦とテンサイの生産量が前年度より2割ほど落ち込んだ。自給率が高いコメの消費が減り続ける一方、輸入が多い肉や油脂の消費量が増えてきたことも、長期的な低下傾向の背景にある。

 一方、野菜や魚介類の比重が大きくなる生産額ベースの自給率は、前年度より2ポイント高い68%と、2年連続で上昇した。国産のコメや野菜が値上がりし、輸入の野菜や牛肉、鶏肉などが値下がりしたことが大きい。64%で過去最低だった14年度から2年連続で改善した。(山村哲史)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索