パナソニック子会社が残業代未払い 労基署が改善指導

 パナソニックの完全子会社が、大阪中央労働基準監督署から労働時間の管理方法について改善を指導され、過去2年分の未払い残業代の有無を調べていることが分かった。すでに一部の社員について未払いが判明しており、差額分を支給することを決めた。

 子会社は電気工事会社「パナソニックESエンジニアリング」。調査の対象は大阪や東京など全国20カ所の拠点で働く、管理職以外の約600人。

 同社などによると、近畿支店(大阪市)が4〜5月に受けた監督署の調査で、社員の労働時間の記録と、パソコンの使用履歴などを照合したところ、労働時間外にパソコンが使われているケースが見つかった。監督署は、実際の労働時間とのずれが大きい恐れがあるとして、改善するよう指導した。同社は社員に対し未払い賃金を申告するように求めている。

 また、監督署は、代休を消化できていない社員が多いことについては、是正を勧告した。

 パナソニックは今年1月末、国内すべてのグループ会社の従業員約10万人に、午後8時までに仕事を終えて退社するよう指示している。広報担当者は、「グループ全体で、適正な労働時間管理を徹底していきたい」と話した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索