セブン、コンビニ併設の保育園 パート従業員の確保狙う

 セブン―イレブン・ジャパンは10日、コンビニスタッフ向けに店舗併設型の保育園を開園すると発表した。まずは東京都大田区と広島市の2店舗で9月末以降の開園をめざし、利用状況を見ながら増やす。人手不足の業界で、子育て中の主婦らが安心して働ける環境をつくり、女性のパート従業員を増やすねらいだ。

 「セブンなないろ保育園」と名づける認可外保育園で、運営は外部委託する。2店舗がある地域はいずれも待機児童が多く、近くにある別のセブン―イレブンからも利用できる。定員は大田区の店が30人、広島市の店が19人。0〜2歳児が対象で、セブン―イレブンで働く従業員の子どもが優先される。

 設置費用や賃料はセブン―イレブン本社が負担する。さらに保育料の一部を対象の加盟店が負担することで、保育料は周辺の保育園よりも安く設定するという。(和気真也)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済のニュースランキング

ランキングの続きを見る

経済の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索