イタリアで仮想通貨180億円相当流出か 懐疑的見方も

 イタリアの仮想通貨交換業者「ビットグレイル」は14日までに、「Nano(ナノ)」と呼ばれる仮想通貨が流出したとする声明を発表した。米紙ウォールストリート・ジャーナルが先週報じたところでは、流出した金額は約1億7千万ドル(約180億円)相当になるという。

 声明では、内部調査で不正な取引が分かったと説明しているが、具体的な経緯などは明らかにしていない。警察にはすでに届け出たとしている。経営者とみられる人物はツイッターで、「顧客に全額を返金することはできない」と投稿した。

 ただ、ネット上では仮想通貨が本当に流出したのか、懐疑的な見方も出ている。(ロンドン=寺西和男)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索