ソフトバンクと衣料大手が通販サイト アマゾンに対抗

ソフトバンクと衣料大手が通販サイト アマゾンに対抗

 衣料品大手ストライプインターナショナル(岡山市)と携帯電話大手のソフトバンクは15日、ネット通販サイト「ストライプデパートメント」を運営する合弁会社を立ち上げ、サービスを始めたと発表した。主なターゲットは35歳以上の女性だ。3年後には2千ブランドをそろえ、大手百貨店と同規模を目指す。国内で衣料品販売に力を入れ始めたアマゾンジャパンに対抗する。

 ストライプインターナショナルは、カジュアルブランド「アース ミュージック&エコロジー」(国内285店舗)などを展開。合弁会社の資本金約4億のうち約8割を出資した。

 15日に開設したネット通販サイトには、三陽商会やレナウンなど比較的高価格帯の600ブランドをそろえ、6万点以上の商品を取り扱う。返品無料の試着サービスや、スタイリストによるコーディネートの提案サービスが特徴だ。利用者に手持ちの服を写真で登録してもらい、提案する際に商品の重複を避けると同時に、ビッグデータとして分析し衣料品メーカーに提供する。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索