名古屋駅通勤者には割安 郊外の駅近マンション人気

名古屋駅通勤者には割安 郊外の駅近マンション人気

 名古屋近郊の都市で、駅に近く、比較的高層のマンション建設が目立ってきた。名古屋中心部は再開発が進んで分譲価格が高騰。そのあおりで、値頃感と交通利便性が魅力の「郊外・駅近物件」の人気が高まっているためだ。

 「桑名新世紀」「都心直通・特急&快速利用というゆとり」。「ライオンズ桑名駅前グランフォート」のサイトには、便利さを強調する言葉が並ぶ。JRと近鉄の桑名駅(三重県桑名市)から徒歩2分。桑名駅から近鉄名古屋駅まで急行で20分という点を売りにしている。

 地上15階建て145戸で、来春完成の見込み。価格帯は3千万円台半ばから6千万円台で、3・3平方メートル当たりの「坪単価」は190万円程度。名駅から市営地下鉄で20分ほどの名古屋市千種区の駅近マンション(来春完成)に比べ、100万円ほど安い。桑名駅前の物件を販売する大京の担当者は「名駅に通勤する人には割安。約750件の問い合わせが入った」。

 近鉄四日市駅から徒歩1分の「プレミスト四日市駅前」(三重県四日市市)は昨年3月に完成し、121戸(地上15階建て)が売れた。3千万円台から1億3千万円台までの多彩なプランが人気だった。売り主の大和ハウス工業は「医師や、名古屋への通勤者を中心に販売が好調だった」。

 岐阜県でも動きは活発だ。大垣市では、JR大垣駅前の築半世紀超のビルや市営駐輪場が一体開発され、地上17階建てマンションと商業施設ができた。マンションは一昨年9月に完成し、4カ月ほどで完売。JR岐阜駅の近くでも、「駅直結」を売りにした24階建てマンションが今年度中にできる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索