東日本銀行に業務改善命令を検討

東日本銀行に業務改善命令を検討 不必要な手数料要求

 金融庁が東日本銀行に対し、13日にも業務改善命令を出す検討をしていることが明らかになった。融資先の財務内容をよく見せるための文書の改ざんなど、不適切な行為があったことがわかり、内部のチェック体制も不十分だとして抜本的な見直しを求める。

 金融庁は昨年、東日本銀行の池袋支店で不正な融資が確認できたとして立ち入り検査に着手。実態解明を進めたところ、ほかの支店でも不適切な融資が見つかった。文書の改ざんのほか、金利とは別に不適切な手数料を取っていたケースが多いと判断している模様だ。融資が適切かどうかを審査する部署でも不正を見抜けなかったという。

 このため、金融庁は内部管理体制の不備を同行に指摘。業務改善命令を出して抜本的な改革を求める。

 東日本銀行は2016年4月に地方銀行最大手の横浜銀行と経営統合し、持ち株会社のコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)傘下に入った。(山口博敬)


今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索