東電、越の水力発電事業に出資

東電がベトナムの水力発電事業に参画

東電がベトナムの水力発電事業に参画

 東京電力ホールディングス(HD)は9日、ベトナムの水力発電事業に出資したと発表した。東電が海外の水力発電事業に参画するのは初めて。日本の水力発電事業で培った技術やノウハウを活用し、現地の発電所の効率化などに取り組む。

 2016年に運転を始めたベトナム北部ラオカイ省のコクサン水力発電所(2・97万キロワット)に出資した。発電所の施設を保有する現地の発電事業者に出資するシンガポール企業の株式を36・38%取得した。投資額は公表していない。

 東電は福島第一原発事故による巨額の廃炉・賠償費用を抱え、収益力の改善と企業価値の向上が大きな経営課題となっており、再生可能エネルギーの推進に力を入れる。

 東電HDの小早川智明社長は今年6月、グループ全体で海外の水力と国内外の洋上風力で計600万〜700万キロワット規模の開発を進め、年1千億円の利益増をめざす方針を示した。その初めての案件となる。

 今回はすでに稼働した小さい発電所への出資だが、ベトナムなど東南アジアは水力発電開発の潜在力が高い。今後は発電所の建設も含めた事業参画をめざす。(桜井林太郎)


今日のニュースまとめ

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索