ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)は14日、任天堂の人気キャラクター「マリオ」が活躍する世界に入り込める新アトラクションを設けると発表した。マリオになりきって園内を駆け巡り、コインやアイテムをゲットする。東京五輪・パラリンピック前の開業をめざす。

 USJに建設中の新エリア「SUPER NINTENDO WORLD」の目玉アトラクション。地上や地下には、ゲームでおなじみの「ハテナブロック」があちこちにあり、パンチするとコインがもらえる。来場者はスマートフォンと連動する腕時計型端末(リストバンド)を身につけ、集めたコインの数をほかのお客と競う。お客どうしが協力して敵のキャラクターを倒すイベントもある。

 運営会社の山本歩・マーケティング部長は「リアルな『マリオ体験』や、全身を使ったアトラクションが楽しめる。遊びの本能が全て解き放てる」とPR。ジャン・ルイ・ボニエ社長は「次世代テーマパーク体験をお届けできる」と宣言した。