トヨタ自動車は16日、「空飛ぶクルマ」の開発を進める米ベンチャー、ジョビー・アビエーションと提携すると発表した。3・94億ドル(約430億円)を出資した。車の生産や技術開発の知見をいかし、新たに空の移動手段の開発を加速させる。

 ジョビー社は2009年設立で、本社は米カリフォルニア州にある。電動垂直離着陸機の開発を進め、将来は「空飛ぶタクシー」のサービスを提供することをめざしている。創業者ジョーベン・ビバート最高経営責任者(CEO)は「トヨタのエンジニアリングと優れた製造技術を活用できることを楽しみにしている」とのコメントを、トヨタを通じて発表した。

 トヨタの豊田章男社長は「空のモビリティー(乗り物)の実用化はトヨタ創業以来の夢でもある。空にも移動の自由と楽しさをお届けするモビリティーの実現に貢献できることをうれしく思う」とのコメントを出した。