新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、携帯電話大手3社などは19日、携帯やインターネットの利用料金の支払いを最大で3カ月間猶予すると発表した。対象は全国の法人と個人。申し出れば2月末以降に支払期限を迎える料金について、5月末まで延長する。総務省の要請を受けて対応した。

 申し込みはNTTドコモなどのNTTグループ5社やKDDI(au)、ソフトバンクが23日朝から、請求書に記載された問い合わせ先で受け付ける。

 新型コロナの感染拡大で広く経済的な影響が及んでいることから、対象の地域を限定しない。特に条件も設けず、申し出があれば支払いが猶予される。

 今後の感染状況を見極め、さらに支払期限を延長する可能性もあるという。(井上亮)