ソフトバンクグループ(SBG)は23日、保有株など最大4・5兆円分の資産を売却すると発表した。保有する資産価値の2割弱にあたり、自社株買いや負債圧縮にあてる。新型コロナウイルスの感染拡大のあおりで、SBGの株価は大幅に下落。財務体質の強化で市場の不安を払拭(ふっしょく)するねらいがある。

 発表によると、自社株買いは最大2兆円。SBGは13日にも最大5千億円の自社株買いを発表しており、計2・5兆円となる。発行済み株式の45%に相当する。保有株の売却で得る残りの資金は、借金の返済や現預金残高の積み増しに使うという。孫正義会長兼社長は「当社史上最大の自己株式取得で、過去最大の現預金の増加につながる」とのコメントを出した。