三井物産は27日、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、2020年3月期に約500億〜700億円の損失が出る可能性があると発表した。20年3月期は4500億円の純利益を見込んでいたが、具体的な影響額は精査中だという。

 原油価格の急落で米国やイタリアの石油・ガス事業で収益が減るため、減損損失を計上する見通し。世界的な株安で保有株に評価損が出る可能性もあるという。

 大手商社では、丸紅がコロナウイルスの影響で20年3月期の純損益の見通しを1900億円の赤字に下方修正している。