国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)を開発する三菱航空機が2020年3月期決算で4646億円の債務超過となったことがわかった。開発の遅れに伴い多額の特別損失を計上したことが響いた。負債が資産を上回る債務超過となるのは2年ぶり。

 1日の官報に決算公告を掲載した。同社によると、スペースジェットの開発遅れでコストがかさみ、収益の確保が見通せなくなったことから資産の減損処理を行った。20年3月期の純損益は5269億円の赤字となった。特別損失は親会社・三菱重工業がすでに公表したスペースジェット事業の減損損失計約7200億円の一部という。

 三菱航空機は18年3月期決算でも1100億円の債務超過となったが、三菱重工から追加出資と債権放棄で計2200億円の支援を受け、19年3月期に債務超過を解消していた。スペースジェットは、初号機納入を6度延期。新型コロナウイルスの影響で試験が中断するなど難航し、開発態勢の大幅な縮小を決めている。(初見翔)