トヨタ車体工場、日中の再開見送り アルファードに影響

トヨタ車体工場、日中の再開見送り アルファードに影響

 20日夕に火災が発生したトヨタ車体いなべ工場(三重県いなべ市)は、21日の日中の自動車生産の再開を見送った。同県桑名市消防本部と県警が原因を調べており、被害も踏まえて再開の時期を決める。自動車部品の生産ラインの一部は21日朝から稼働している。

 トヨタ車体はトヨタ自動車の完全子会社。トヨタブランドのハイエース、アルファードとヴェルファイアの3車種を年間で合計約20万台つくっている。アルファードとヴェルファイアを組み立てているのは、この工場だけという。

 トヨタ車体の首脳は21日朝の取材に「ほかの工場での代替生産は難しい」と話し、いなべでの生産再開を急ぐ考えを示した。

 消防本部によると、火災は20日午後5時半ごろ発生。約400平方メートルを焼いて、3時間ほどで消えた。工場内にいた従業員約800人は全員避難した。消火活動中の消防隊員1人が煙を吸って病院に運ばれたという。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

07時03分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索