「保育士遅刻で罰金」労基法違反か 定員超過のこども園

「保育士遅刻で罰金」労基法違反か 定員超過のこども園

 定員の約1・5倍の園児を受け入れていた私立認定こども園「わんずまざー保育園」(兵庫県姫路市)で、複数の保育士が「遅刻に罰金を科せられる」などと姫路市に訴えていたことがわかった。市は不当労働契約で労働基準法違反の疑いもあるとして、姫路労働基準監督署に報告した。

 市によると、県と市が2月23日に抜き打ちで実施した特別監査で判明した。保育士から「遅刻をしたら給与から罰金1万円を引かれる」「時間外勤務の手当をもらっていない」などの訴えがあったという。

 市は2015年4月以降の園の賃金台帳を調べたが、保育士への時間外手当の支給は確認できなかった。小幡育子園長は「保育士が時間外に働くことはない」と説明したという。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

社会の主要なニュース

社会のニュース一覧へ

23時58分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索