初参戦のAIは初戦飾れず 囲碁世界戦、井山も敗れる

初参戦のAIは初戦飾れず 囲碁世界戦、井山も敗れる

 囲碁の日中韓トップ棋士とAI(人工知能)による初の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ」(WGC)は初日の21日、大阪・梅田の日本棋院関西総本部で打たれ、井山裕太六冠(27)は韓国ランキング1位の朴廷桓(パクジョンファン)九段(24)に逆転負けを喫した。AIとして史上初めて世界戦に参戦した日本最強AI「DeepZenGo」も中国ランキング2位のミ昱廷(みいくてい)九段(21)に逆転負けした。

 井山は途中までよかったが、中盤から闇試合となり逆転を許した。Zenは終局の大詰めまで優勢だったが、きわどい勝負。形勢判断に狂いが生じ追い抜かれた。

 井山は「中盤にはっきりまずい手が出た。なんとか修正し、次戦も精いっぱい打つ」と述べた。強敵を土俵際まで追い詰めたZen開発チームの加藤英樹代表(63)は「こんなにうまく打てるとは思わず、びっくりしている。明日以降も期待のもてる内容だった」と納得顔で話した。

 WGCは4者総当たりリーグで、井山、Zenとも残る2戦を連勝すれば優勝の可能性を残す。シリーズ中日の22日は、井山―ミ、Zen―朴が予定されている。(大出公二)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

16時12分更新

社会のニュースをもっと見る

15時53分更新

経済のニュースをもっと見る

15時58分更新

政治のニュースをもっと見る

12時26分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

12時34分更新

エンタメのニュースをもっと見る

15時03分更新

スポーツのニュースをもっと見る

15時58分更新

トレンドのニュースをもっと見る

14時57分更新

仕事術のニュースをもっと見る

11時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

12時00分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索