ラーメン「熊五郎」違法残業の疑い 「業界で当たり前」

 関西や東京でラーメン店など41店舗を展開する「熊五郎」(大阪市北区)が店長ら4人に違法な長時間労働をさせていたとして、大阪労働局天満労働基準監督署は20日、同社と専務取締役の男性(38)を労働基準法違反の疑いで大阪地検に書類送検した、と発表した。「業界では長時間労働は当たり前だった」と容疑を認めているという。

 同署によると、同社は昨年4月3日から同30日まで、時間外労働や休日労働に関する協定を結ばずに、20〜30代の男性店長ら4人に最長で月約200時間の残業をさせた疑いがある。

 ほかにも同期間に最長約230時間の残業をしていた社員もいたという。また、過去2年分の未払い残業代が約1億8千万円あり、今年3月までに社員約110人に支払われたという。熊五郎はグループ会社も含めて約600人の社員がいる。

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

01時37分更新

社会のニュースをもっと見る

23時47分更新

経済のニュースをもっと見る

23時13分更新

政治のニュースをもっと見る

21時29分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

22時41分更新

エンタメのニュースをもっと見る

21時51分更新

スポーツのニュースをもっと見る

23時16分更新

トレンドのニュースをもっと見る

17時10分更新

仕事術のニュースをもっと見る

11時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

09時51分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索