反原発の街頭アピール、福井県が自粛要請 実行側は反発

 福井市の福井県庁前の交差点でアピール活動をしている反原発の市民団体に対し、県が活動を自粛するよう文書で要請し、市民団体のメンバー4人が21日に県庁を訪れて抗議した。

 県と団体によると、市民団体は5年ほど前から、県公安委員会の許可を得て、平日昼に拡声機などを使い、県庁前の歩道で反原発などを訴えるアピール活動をしてきた。庁舎管理担当の県財産活用推進課長らは3月31日、活動後のメンバーに文書を手渡した。

 文書では「活動の音量が大きくて不快」「横断幕やのぼりは美観上好ましくない」「通行の妨げ」といった苦情が寄せられているとし、活動を控えるよう要請した。団体側は「警察から許可を得ているのにおかしい」と抗議。メンバーの一人は「市民活動の自由を制限する内容。行政としておかしい」と話した。(影山遼)

ニュースをもっと見る

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる

主要なニュース

主要なニュースをもっと見る

01時37分更新

社会のニュースをもっと見る

23時47分更新

経済のニュースをもっと見る

23時13分更新

政治のニュースをもっと見る

21時29分更新

国際・科学のニュースをもっと見る

22時41分更新

エンタメのニュースをもっと見る

21時51分更新

スポーツのニュースをもっと見る

23時16分更新

トレンドのニュースをもっと見る

17時10分更新

仕事術のニュースをもっと見る

11時00分更新

生活術のニュースをもっと見る

09時51分更新

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京のニュースをもっと見る

記事検索