ダイバーになった気分! サメ、ウミガメが大接近

ダイバーになった気分! サメ、ウミガメが大接近

■360度動画「いきもの目線」

 水中に沈めたカメラに、ウミガメやフグの顔がずんずん近づいてくる。表示画像を後ろに変えると、体長1m以上のサメがドアップで迫ってきた。

 横浜市金沢区の横浜八景島シーパラダイスにある「なぎさ水槽」。水深約1・5メートル。南国の浅瀬のビーチを再現した屋外水槽に、約30種類の魚たちが泳いでいる。白砂が敷き詰められた水底は太陽の光でキラキラと輝き、ガラス窓の前に立つだけで、ダイバーになって、魚たちと戯れているような気分になる。

 「人に懐いている魚たちが多いんです。窓に顔を近づけると寄ってきますよ」と飼育技師の安部奏(そう)さん(45)。この水槽は、魚たちの目の動きまでじっくり表情が観察できる。

 迫力満点のレモンザメを始め、サメだけで数種類。アオウミガメの優雅な泳ぎに見とれていると、おでこの出っ張った「ナポレオンフィッシュ(メガネモチノウオ)」が横切っていく。長い口ひげを持つ赤っぽい色の魚は「オジサン」……もちろんメスでもオジサンだ。

 これだけの種類の魚たちに、えさはどのように与えているのだろうか。

 安部さんによると、小魚用にはオキアミやイカの切り身。アオウミガメにはキャベツやレタス。サメには魚を与えているという。食べそびれる魚が出ないように、えさは何カ所かに分けて、それぞれの魚たちがいる場所にめがけて投げ入れているという。(竹谷俊之)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索