110歳のブタ、回り続ける としまえんの回転木馬

110歳のブタ、回り続ける としまえんの回転木馬

 ぼくは回転木馬のブタ。今年110歳になった。東京都練馬区にある「としまえん」でウマくんと一緒に回っているけど、負けたことはないよ。

 回転木馬の名前は「カルーセルエルドラド」。ドイツで生まれたぼくたちはアメリカに渡り、ニューヨークで約半世紀走った後、東京に引き取られたんだ。

 7年前には日本機械学会が「機械遺産」に認定してくれた。すべて手で彫られたアールヌーボー様式作品の塊で、回り始めると全体がギシギシいう。「その音がまたいい」って言ってくれる人もいるよ。

 夏休みの間は夜も走るよ。約1200個の電球がぼくたちと回るのを見てほしいな。(写真・文 相場郁朗)

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索