長野県の北アルプスで遭難相次ぐ 男女2人が死亡

 3連休最終日の17日、長野県の北アルプスで遭難が相次ぎ、男女2人が死亡した。

 県警によると、北アルプスの唐松岳で午前9時10分ごろ、夫と日帰り登山に来ていた新潟県糸魚川市の会社員今井智美さん(42)が、標高約2200メートルの登山道から数メートル滑落した。県警ヘリコプターで救助し、長野県松本市内の病院に搬送したが、死亡が確認された。

 北アルプスの槍ケ岳東側付近でも正午ごろ、斜面の岩場に50〜60代の男性が倒れているのを別の登山者が見つけた。県警によると、男性は滋賀県長浜市の会社員久保敬司さん(62)。心肺停止状態で、県警ヘリで同市内の病院に運ばれたが、死亡が確認された。上高地へ1人で下山中に滑落したとみられるという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索