「爆買い」ならぬ「爆盗」? 大口万引き被害増 福島

 福島県内で一度に1万円以上の品物が万引きされる事態が増えていることが、同県警のまとめでわかった。防犯カメラの映像から東南アジア系の外国人の犯行が目立つといい、県警は1万円以上の万引きを「爆盗」と呼んで警戒している。

 県警によると、6月までの半年間で1万円以上の万引き被害は42件、約442万円あった。昨年同期は8件、約70万円で、件数、被害額とも大幅に増えた。ドラッグストアやスーパーで医薬品などの高額商品が一度に盗まれる事態が目立つという。

 福島市内のドラッグストアの男性店員によると、最近も大量のひげそり用のカミソリが盗まれているのがわかり、被害額は10万円ほどだったという。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索