「ルーブル」ならぬ「アーブル」美術館展 香川・小豆島

「ルーブル」ならぬ「アーブル」美術館展 香川・小豆島

 香川県小豆島で名画を模写した絵画展「アーブル美術館展」が開かれている。会場は島内の道の駅など3カ所で、約90点を展示している。31日まで。

 「アーブル美術館」は、ルーブルに憧れる松山市出身の藤原晶子(あきこ)さんと、2人の子どものアートユニット名。作品は子どもらが段ボール紙などに描いた。

 写実的な名画も、2人の手にかかればポップな作風に大変身。大贋作(がんさく)展と銘打った絵画展だが、もはや「本物を思い浮かべるのが難しい……」との声も。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索