歩道に車、小学生はねられる 1人死亡1人重傷 福島

 6日午後2時15分ごろ、福島県白河市二番町の国道294号で、歩道を歩いていたいずれも市内の小学6年の下重(しもじゅう)佑太君(12)と女児(12)が乗用車にはねられた。2人は病院に運ばれたが、下重君は全身を強く打ち死亡。女児は足を骨折する重傷を負った。

 白河署は乗用車を運転していた同市南登り町の会社役員、諏江(すえ)俊一容疑者(62)を自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致傷)容疑で現行犯逮捕した。容疑を過失運転致死傷に切り替えて調べる。諏江容疑者は「居眠りしていた」と話しているという。

 署によると、現場は片側1車線の直線道路。乗用車は対向車線にはみ出した後、対向車側の歩道に突っ込んで街路樹に衝突し、児童2人をはねたという。車道と歩道との間にガードレールはなく、縁石などの段差もない。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索