検察、サッカー大会後に深夜の大騒ぎ 施設「出禁」に

 東京高検は8日、昨年10月に管内7地検の検事や事務官が参加し、東京大検見川(けみがわ)総合運動場(千葉市)で催したサッカー大会で、現地に宿泊した一部の事務官が深夜に騒いで住民に迷惑をかけ、施設側から1年間の使用禁止処分を受けたと発表した。高検の吉田久総務部長は「ご迷惑をおかけし、遺憾。節度ある行動を指導したい」と話した。

 高検によると、大会は昨年10月29〜30日にあり、東京、横浜、さいたま、千葉、水戸、宇都宮、前橋の7地検から検事や事務官ら約160人が参加した。千葉を除く各地検の事務官約80人が運動場内の施設に宿泊した。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索