コースター死傷事故、県警が実況見分 過失容疑も視野

 大分県別府市の遊園地「城島(きじま)高原パーク」で12日に、木製ジェットコースターにはねられて作業員2人が死傷した事故で、県警は13日、現場の実況見分をした。県警は、業務上過失致死傷の疑いもあるとみて調べている。

 県警によると、2人はコースの点検をしていたところ、試運転中の無人のコースターにはねられた。大分市中戸次(なかへつぎ)、会社員大久保崇さん(44)が死亡し、別府市の会社員男性(45)が重傷を負った。パークを運営する会社によると、2人は出発地点から約150メートル先のレール脇ではねられた。この日は大分労基署も現場のコースターを調べた。

 コースターの運行は当面見合わせる。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索