新名神工事現場で作業員が転落死 死亡事故相次ぐ

 12日午前4時15分ごろ、大阪府箕面市下止々呂美(しもとどろみ)の新名神高速道路の建設工事現場で、高さ約30メートルの足場から男性作業員が転落し、間もなく死亡が確認された。新名神の建設工事では昨年4月に神戸市で作業員10人が死傷した橋桁落下事故以降、事故が相次ぐ。今回の現場近くでは、今年6月にも鉄板の落下事故で作業員1人が死亡した。

 箕面署によると、今回死亡した作業員は大阪市の建設会社に勤務する溝岡拓磨さん(19)。11日午後9時から作業員11人が、鉄パイプで組み上げた足場の解体を進めていたという。他の作業員は、転落した男性作業員が「転落防止のための安全帯を装着していた」と説明しているという。当時、現場付近では雨が降っていたという。

 新名神の工事現場では昨年4月、神戸市北区で橋桁が落下して作業員10人が死傷。翌5月には大阪府箕面市で橋桁を仮支えをしていた支柱が倒壊し、下を走る箕面有料道路をふさいだ。昨年10月には兵庫県猪名川町でも、足場撤去中の作業員が転落死していた。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索