長崎道でトラック火災、多久西PAが閉鎖 けが人なし

 13日午前9時5分ごろ、佐賀県多久市にある長崎自動車道下りの多久西パーキングエリア(PA)で大型トラックから出火し、荷台などが焼けた。火は約1時間後に消し止められ、けが人はいなかったが、PAは正午ごろまで閉鎖された。

 県警高速隊などによると、運転していた福岡県春日市の30代の会社員男性から「後部車輪付近から出火している」と119番通報があった。トラックは福岡県から佐賀県武雄市方面に向かう途中で、荷台は空だった。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索