運転手2人が運賃箱不正、240万円着服 近鉄バス解雇

運転手2人が運賃箱不正、240万円着服 近鉄バス解雇

 路線バスの運賃箱を不正に操作し、運賃計約240万円を着服したとして、近鉄バス(大阪府東大阪市)が男性運転手2人を懲戒解雇していたことが同社への取材でわかった。南海バス(堺市)で8月に同様の着服をした運転手が解雇されたという報道を受け、近鉄バスが内部調査したところ、不正が判明したという。

 同社によると、処分は11日付。2人は運転席隣の運賃箱に乗客が硬貨を入れる際、投入口から下に落ちないよう操作し、たまった硬貨を手でつかみ取っていた。この運賃箱を導入した2014年9月以降のドライブレコーダーなどを調べた結果、2人が約3年間で計約240万円を着服していたことが裏付けられたという。

 同社は全額が弁済されているとして、刑事告訴はしない方針。

スゴ得でもっと読む

スゴ得とは?

関連記事

おすすめ情報

朝日新聞の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会のニュースランキング

ランキングの続きを見る

社会の新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索